ロードバイクハック

Read Article

コーチングで使いたい問題解決方法4つのステップ

コーチング

コーチングで大事なのは、「コーチング対象者が自分で気がついていない問題解決方法」を自発的に見つけられるようにフォローすることですが、これがなかなか難しいです。

問題解決方法を「4つのステップ」で分かりやすく解決する方法を具体的な例でお伝えします。

具体例:ロードバイクトレーニングをしているがレースで入賞できないAさん

サンプルとして、ロードバイクのトレーニングをはじめて2年半になるAさんを例に挙げます。

週に5日はロードバイクのトレーニングを実施しています。

Aさんは何かのレースで入賞したいと考え去年1年間は10のレースに参加しましたが目標の入賞はできていません。

ステップ1:事実を集めて把握する

まずは問題に対してどのような状況なのか、客観的な事実を集めることからはじめます。

Aさんの場合、週に5日もロードバイクトレーニングをしているのにレースで入賞できないことが問題です。

まずはその問題に関係する事実を「客観的に」列挙してみます。

<客観的な事実>

・レースでは集団に遅れゴール前で失格となることが10レース中6回あった

・レースはクリテリウム、ロードレース、ヒルクライムとさまざまなレースに出場

・一ヶ月に1000キロ以上走ることを目標にしている

・週5日走れないときは、土日で150キロ以上走り帳尻合わせしている

・すべてのレースで入賞を目指している

・レースで集団についていけなかった理由がよく分からない

・チームに属してはいないので普段集団走行することはない

・食べ物には特に気を使っていない

・睡眠はだいたい4時間〜7時間程度

・休むと遅くなりそうなので、できるだけ毎日ロードバイクに乗っている

事実を分析する

最新! トッププロが教えるロードバイクトレーニング (洋泉社MOOK)

事実を見ると、Aさんはロードバイクトレーニングの目標が「速くなる」ことではなく「1000キロというノルマを超える」ことになってしまっています。

レースの分析もきちんとできていないので、Aさんは何が足りないのか自分では分かっていない状況です。

さまざまなレースに参加するのは良いのですが、ジャンルが違うレース全てで入賞を目指すのは難しいでしょう。

解決案をいくつか作る

Aさんはレースのスピードについていけない状態です。

まずは、過去のレースで最後までついていけたレースのジャンル(ここではクリテリウムにします)にしぼり、そのレースで必要なレーススピードを上げていくトレーニングを実施することを解決案として一緒に考えます。

・クリテリウムレースは上げ下げが多いのでインターバルトレーニングを増やす

・今年の目標とするクリテリウムレースを3つにしぼる

・平坦レースなので体重は気にせず、筋トレでパワーをつける

・月間1000キロという目標は止め、インターバルトレーニングの質を高める

・パワーメーターの導入を検討する(質の可視化)

・室の高いロードバイクトレーニングを週2〜3回実施する

解決案のなかから最適な方法を選択する

これは例なのでどの解決案が良いか実際には分かりませんが、コーチング対象者と一緒に考えていきます。

例えば「パワーメーター導入」は効果的ですが、経済的な理由で購入は難しいかもしれません。

このように、挙げた解決案から最適なものを選択する方法は、状況により変わってきます。

ここまでコーチング対象者Aさんと共に考えれば、Aさん自身が「問題をこの方法で解決するんだ!」という意識が芽生えていることでしょう。

問題解決方法4つのステップまとめ

コーチングで大事なことは「気づきを与える」ということです。

そのため、この4つのステップはコーチング対象者と一緒に考える必要があります。

通常、コーチは対象者と協議して考えることを放棄し、自分の中で全て考えてしまいます。

その方法が良い局面もありますが、本当のコーチングは対象者が自分で考えるプロセスが大事なので、必ず一緒に実施するようにしましょう!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top