ロードバイクハック

Read Article

デジタル耳栓MM1000は音楽なしで騒音を90%カット

デジタル耳栓という新しいジャンルが出てきました。

今まではノイズキャンセリングといえば、音楽を電車内や騒音の大きな場所で楽しむために使われていましたが、音楽を聞かず純粋に「耳栓」として利用する新しい発想の製品です。

デジタル耳栓とは?

デジタル耳栓とは、「ポメラ」や「スキャナ付きマウス」など面白グッズを開発販売してきたキングジムの新製品です。

従来の耳栓は空気の振動をシャットアウトして騒音や大きな音をカットする仕組みでしたが、「デジタル耳栓」は音楽プレーヤーのノイズキャンセリングイヤホンの仕組みを取り入れ、「90%の騒音をカット」することに成功した新しい耳栓です。

どんな仕組み?

雑音の元となるエアコンの騒音やおしゃべりなどの生活騒音を打ち消すため、デジタル耳栓についているマイクで騒音を解析。

解析した騒音を打ち消す方向の音を出して耳には騒音が入らないようにしている仕組みです。

誰にメリットがある?

飛行機の騒音が気になる人

飛行機が苦手な友達が「離発着時のエンジン音が大きくて怖い」と言っているのを聞いたことがあります。

その友達は耳栓をしていたのですが、それでも気になっていたようです。

そのような人には、騒音をかなり抑えてくれる可能性があるデジタル耳栓が良さそうですね。

図書館で勉強中、エアコンの音が気になる人

気になり始めるとどうしても耳から離れない、そんな状況で使えそうです。

音楽を聞くと周囲の人に迷惑がかかることもありますしね。

電車の騒音が気になる人

音楽を聞けば気にならない電車の騒音も、あまり音楽を聞きたい気分じゃないときもありますよね。

使用者のレビュー

職場で使用してみたところ、騒音はほとんど消え、他人の話し声も普段よりはっきり聞こえました。
さすがにすべての騒音が消えるわけではありません。
ファンのゴォーという低音は消えるが、サーという高音は残る感じです。
とは言え、かなりの改善となったためしばらく使ってみようと思います。

出典:アマゾン デジタル耳栓(MM1000)レビュー

かなりの効果を実感されていますね。

高音には少し対応できていないのかもしれませんが、飛行機や電車、エアコンの騒音はカットしてくれそうです。

価格と購入方法は?

デジタル耳栓の価格は4980円(税抜き)です。

ノイズキャンセリングイヤホンがだいたい8000円以上するので、それと比較すると少し安い感じはします。

ただ、音楽を日常的に聞いている人にとっては、ノイズキャンセリングイヤホンを購入したほうが良いですね。

まとめ

デジタル耳栓は騒音は気になるけれど音楽を聞きたい気分じゃない、音楽を聞けない状況などで威力を発揮するものだと思います。

価格は正直ちょっと高いかなー、と思いますが、普通の耳栓では満足いかなかった方には「使える」はずです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top