ロードバイクハック

Read Article

【1158で10をつくる】Googleが提示した問題

1158で10を作る

「1158で10をつくる」GoogleのCMで2013年末くらいに流れていたものです。

チャレンジした小学生やパパママも多かったと思います。

当時小学4年生の娘もチャレンジしましたが、どうしても解けないと嘆いていました。

子供がはまったことから解き方を考えてみます。

1158で10を作る問題の読み取り方

娘の勘違い1 1158の順番は変えられない

1158を順番通り使い、「+,-,x,÷」を使って10を作ると勘違いしていました。

私もちゃんと問題を見ていなかったので試してみましたが、絶対無理だと分かったので順番通り使う必要はないことが判明。

「本当に順番通りじゃないとだめなのか?」という思考まで辿り着いて欲しかったです。

娘の勘違い2 分数の割り算は習っていないからできない

私が「分数の割り算も使ったら10ができた」と伝えたのが悪かったのですが、「分数の割り算は習っていないから無理だ」と納得してしまいました。

よくよく考えると私は分数で解きましたが、少数でも同じことです。

小学4年生は少数の割り算は習っているので、この問題を解くことはできます。

もうちょっと粘り強く取り組めたんじゃないか?と少し思います。

1158で10を作る過程

この問題がCMで流れてから頭のなかで何パターンか試行錯誤したところ、頭のなかでパッとひらめき意外とすんなり解けました。

あんまり何も考えず、10分くらいで解けた気がします。

ところが、娘に「どうやって解くの?」と後日言われたときにはすっかり解法を忘れてしまい、いくら考えても思い出さないという事態に、、

すべての可能性を試す

しょうがないから紙に書いて検証してみました。

できたはずなのに思い出せない焦りもあってか、全くひらめきません。。

地道に10を作れそうなパターンをいくつも試してみました。

足しても引いても10にはなりそうもないので、次の2パターンに絞り考えています。

かけて10になる

2×5

4×2.5

おそらくこの2パターンしかないですが、どうしても作れないので諦めました。

わると10になる

2÷0.2

3÷0.3

4÷0.4

5÷0.5

6÷0.6

7÷0.7

8÷0.8

9÷0.9

この8パターンが考えられます。

なんとなく出来そうなので、1158で作れないか試行錯誤。

結果として「8÷0.8」が作り出せました。

まとめ

答えは、8÷(1-(1÷5))です。

粘り強く考えればできる問題ですが、いかに「ひらめく」かが大事だと思います。

自分のことながらよくひらめいたな〜と思いつつ、どうしてひらめいたのか、なぜいつもひらめかないのか、と不思議に思います。

ちなみに、娘はこのことでちょっぴり私を尊敬してくれるようになりました。

GoogleはこのCMで「父親の権威を取り戻す」チャンスをくれたのかもしれません。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top