ロードバイクハック

Read Article

死ぬまでに一度は読んでおきたい【ロードバイク漫画】

ロードバイク好きならば一度は読んでおきたいロードバイク漫画をピックアップしてみました

シャカリキ!

シャカリキ!〔ワイド〕(1) (ビッグコミックスワイド)

ロードバイクを今まで続けられたのは曽田正人先生の「シャカリキ!」があったからだと言っても言い過ぎではありません。

この漫画のおかげでロードバイクレースとはどういったものか学び、実際のレースでも参考にした部分があるほどリアリティもある漫画です。

舞台は高校ですが、インターハイなどは無視(?)して「ツールド沖縄」が決戦の場となります。

しかもチームで協調することなく個で戦っていく内容なので、ロードバイクレースのセオリーからは外れている感じがしますが、実際の国内レースでもチームがうまく機能することは稀なので、リアルな部分があります。

読んでいて間違いなく熱くなる描写ばかりなので、ロードバイクトレーニングで心が折れそうになったときにページを開き元気をもらう、そんな漫画です。

弱虫ペダル

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)

今人気爆発中のロードバイク漫画です。

アニメ化もされ、間違いなくロードバイク人口を増やしています。

シャカリキ!と同じ高校自転車部が舞台ですが、インターハイを重視していることと、チームでの勝利を第一としている点がシャカリキ!とは全く違う点です。

ロードバイクレースのウンチクやロードバイク機材については弱虫ペダルの方が分かりやすいですね。

作者の渡辺航先生がロードバイクのレースにも出るほどのロードバイク好きなのも理由かもしれません。

内容は一人ひとり個性的なキャラクターそれぞれの「成長」が見られるのが素晴らしいです。

蹴散らすはずの「敵」にも深いストーリーが用意されており、敵の成長を感じられるところが素晴らしいです。

かもめ☆チャンス

かもめ☆チャンス(1) (ビッグコミックス)

大人向けのロードバイクレース漫画です。

会社員でロードバイクレースに出ている私からすると、実業団トップカテゴリーを題材にしているかもめ☆チャンスは少しレベルが高いです。

ただ、仕事と家族との微妙なバランスでロードバイクレースに出ている身としては、感情移入しやすいロードバイク漫画です。

何度も走っている群馬CSCが巧みな描写で描かれており、「そのシーンあるある!」と何度もココロの中でつぶやきながら、イメトレに役立ちました。

社会人になってからロードバイクレースに参加するようになった人に読んで欲しい漫画です。

まとめ

「弱虫ペダル」と「かもめ☆チャンス」が出るまでは、ロードバイク漫画で感動するレベルはシャカリキ!しかありませんでした。

この2冊が同じタイミングで読めるのは素晴らしいですね!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top