ロードバイクハック

Read Article

ロードバイクの2014年トレンドは”良いものを安く賢く買う”

ロードバイク2014

元日ということでロードバイクの2014年トレンドをお伝えしていきます。

2013年は日本でツールドフランスのクリテリウム(短い周回レース)が行われ、日本でのロードバイク熱がより一層高まった年でした。

一方でロードバイクを含む自転車事故が多発しているため交通ルールが変わり、「自転車の右側通行(車道の逆走)で罰金」など世間一般でも自転車の話題が増えてますね。

参考記事(外部リンクです):「松戸市」自転車はルールを守って運転してください!

ロードバイク2014年のトレンドは?

引き続きロードバイク人口は増えていき、2014年も私たち愛好家としては選択肢が増える良い年になると思います。

アベノミクスで経済も勢いが出てくると思いますが、ちょっと気をつけなければならないこともありますね。

ロードバイク愛好者は2014年のアベノミクス政策に伴う影響がある

2014年4月に消費税が5%から8%となりますがなりましたが、ロードバイク愛好者にとっての影響は大きいです。

ロードバイク完成車が税抜きで20万円だったとして、消費税が3%上がると購入金額が6000円上がります。

牛丼一杯が300円だとしたら、20杯も食べられてしまう計算です。

さらに、円安が続くと輸入ロードバイクが2014年も上がり続けます。

円高80円の頃は海外通販でかなり安く買えたロードバイクやロードバイクホイールですが、2014年は手間ひまを考えるとメリットは少ないかもしれません。

2014年はロードバイク用品を安く賢く買う

円安や消費税の増税でロードバイク用品を買いにくくなってしまう2014年。

良いロードバイク製品を賢く買う方法を探してみませんか?

激安ウェアメーカーsaitoimport(サイトウインポート)で2014年も乗り切る

今までの常識をひっくり返すようなロードバイク用品を提供するメーカーが現れています。

その一つが、saitoimportというロードバイク用の激安ジャージを販売しているショップです。

インターネット限定商品ですが、amazonから発送されるので送料がかかりません!

普通に買うとロードバイク用のウェア(ジャージ)はだいたい1万円前後ですが、saitoinportはその半額以下で購入できてしまいます、、

2014年はロードバイク愛好家にとって出費が厳しい状況になりそうなので、saitoinportのような激安ショップでウェアを安く買うことが賢い方法かも。

saitoinport(サイトウインポート)の裏起毛タイツのレビュー

実際、私はロードバイクの練習用に上で紹介したsaitoimportの裏起毛タイツを購入しています。

3500円弱で買えてしまう商品だったので、「1、2回ロードバイクの練習で使ってダメになったらしょうがない」といった軽い気持ちで買ったものでしたが、コストパフォーマンスが最高に良い商品です。

まず、暖かい!

気温5度くらいの平地無風の状態でロードバイクの練習をしていますが、下はこのsaitoimportのタイツだけで十分です。

最初は少し寒いですが、ペダルを本気で回していると暑くなるくらいです。

しかもパッドまできちんとついています!

パッドはごつく、少しサドル上で滑るので若干ペダリングしにくいですが、お尻が痛くなることはないと思います。

冬用ジャージをお探しであれば、おすすめですよ!

photo credit: DonkeyHotey via photopin cc

ロードバイクメンテナンス初心者向け記事紹介

ロードバイクのメンテナンス初心者はとりあえずこれだけやっとけ!10分でできるセルフメンテナンス方法

メンテナンスしてますか?

調子が悪くなってからでは遅いロードバイクのメンテナンス。

簡単にできる日頃のメンテナンス方法をまとめた記事です。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top