ロードバイクハック

Read Article

ロードバイクのシフトチェンジのコツとトレーニング方法

ロードバイクのシフトチェンジ

ロードバイクのギアチェンジ、教えてもらったことありますか?

ショップでの納品の際に「シフトアップは手前の黒いレバーを倒して、シフトダウンはブレーキレバーを倒してください」程度しか習ってないかもですね。

前回に続き、でん助さんからいただいていた「シフトチェンジのコツ」について記事で回答していきます。

ロードバイクのシフトチェンジのコツ

でん助さんからのお問合せ内容。


シフトチェンジのことですがペダルを勢いよく回しているときにシフトチェンジするとチェーンとスプロケット等に負担がかかる気がして一瞬力をぬいて行うんですがその方がいいのですか?坂登っているときもダンシングでのシフトチェンジは禁忌ですか?どうしても途中で重くなり軽くしてしまうのですがかなりのショックと音がするので。また変えるタイミングを教えて下さい。

シフトチェンジの仕方、教えてもらうことはほとんどないので難しいですよね ^^;

やっぱりシフトチェンジは教えてもらうことはほとんどないですよね、、

質問内容を3つにまとめてみました。

  • ・シフトチェンジは一瞬力を抜くのが正解
  • ・上り坂でダンシングしてる最中のシフトチェンジはNG?
  • ・シフトチェンジの良いタイミングは?

それぞれについて回答します!

シフトチェンジは一瞬力を抜くのが正解?

でん助さんがおっしゃるとおり一瞬力を抜くとスムーズに変速できます。

雑誌か何かで見ましたが、プロも同様の方法でスムーズな変速をしているようです。

変速する仕組みは「回っているチェーンをディレイラーを使って強制的にずらす」こと。

チェーンテンション(張り具合)が高いと変速しにくい構造といえます。

平地無風を30km/hケイデンス90程度でロードバイクを走らせている状況だったら、チェーンテンションは低いので楽に変速できますね。

チェーンテンションが変速をスムーズにするコツは「チェーンテンションが低い状態に行うこと」とも言えます。

上り坂でダンシングしてる最中のシフトチェンジはNG?

逆に、上り坂でダンシングしている最中はかなり「チェーンテンションが高い状態」。

でん助さんが感じられているように、坂を登っているときにシフトチェンジをすると変速しにくいので「ガチャガチャ、ガコン」といったシフトチェンジのショックが大きくなります。

できるなら、上り坂でダンシング時にシフトチェンジはしないほうが良いです。

チェーンリングやスプロケットが高負荷で削られ、寿命を短くしてしまうかもしれないので、、

シフトチェンジの良いタイミングは?

シフトチェンジするタイミングのコツとしては、起伏の変化などに合わせて早めにシフトチェンジすることです。

これはレースでもロングライドでも非常に重要なテクニック。

どのくらいギアを変えれば次の傾斜にちょうどいいのか。

一つ下げればいいのか、それとも二つか。

このあたりは経験を積むことも大事ですね。

下りからの登り返しだけはちょっとコツがあります。

なるべく下っているときのスピードを落としたくないので、登り返しで遅くなるごとにギアを下げていく(軽くする)というもの。

これは私がロードバイクレースでも多様しているテクニックなのでご参考まで。

シフトチェンジがうまくなる簡単なトレーニング

シフトチェンジがうまくなるトレーニングの一つとして、「信号ストップ時のギアチェンジ」があります。

信号で止まる前に軽いギアにシフトダウンし、信号スタート時にスムーズな加速ができるギアにしておくトレーニングです。

軽すぎても重すぎでも信号スタートが辛くなるので、意識を高めることが重要。

簡単そうで意外と難しいので、是非ためしてみてください!

 まとめ

ギアチェンジのコツをつかむと、ロングライド時などで脚への負担が明らかに減ってきます。

ロードバイクレースに出るようになると、必須スキルの一つですね。

ちなみに、スムーズなギアチェンジはコンポーネントの差にも現れてきます。

シマノの最高峰DURA-ACE、特に9000系はぬるぬるシフトチェンジするので驚きです。

どうしてもスムーズに変速できない、という場合はコンポーネントの組み換えを考えても良いかもしれません。

もしかしたらギアの歯こぼれなどで、どんなに変速テクニックがあってもスムーズに変速できないことも。

ちなみに、DURA-ACEでなくとも、私が使っているシマノ105でロードレースは戦えていますのでご参考まで ^^;

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 記事掲載ありがとうございます。信号待ちのときそのままのギアで止まってしまい、信号変わって重いままで走る経験あります!というかほとんどです(笑)そういうところの意識が大切なんですね!いつもまだまだいけると思いギブアップしてのシフトチェンジですので相当チェーンテンションかかってますね(*ToT)もっともっと走って経験積みます!
    それと僕も記事を参考にしてパールイズミのウィンドブレークビブタイツ買いました。昨日届きました。ビブタイツの方が断然暖かいですね。生憎2点以上での20%OFFではなかったですが(T0T)今後そういった記事も期待しております。(^^)v

    • でん助さん、ありがとうございます!
      シフトチェンジは意識次第ですぐ上達できるので試してみてください!

      パールイズミの冬用ビブタイツはお腹までサポートされてるのが良いですよね!
      ロードバイクはお腹が冷えやすいので、、
      今回の割引キャンペーンはsakurakasanesannさんに教えていただきました!
      また教えていただいたり、気がついたら記事でお知らせしますね♪

  2. こんにちは。sakurakasaneです。
    私も、信号待ちで重いギアしょっちゅうです。
    気を抜くといつもですね(笑)
    先日、2013年のロードバイク雑誌を読んでいたら、シフトチェンジは薬指&小指で行う。と書いてありました。
    まだ試して無いですが、肺が閉じないとか書いてあった気がします。意外でしたけど、本当なんですかね?

    • sakurakasaneさん、ありがとうございます!
      「シフトチェンジは薬指&親指で行うと良い」という情報はじめて知りました!
      ちょっと試しましたが、確かに胸が開きそうですね!
      ただ、私の場合は指が短いので常用するのはちょっと難しいそうです、、

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top