ロードバイクハック

Read Article

シマノ105が11速化!3つのメリットと2つの注意点

シマノ105(5800)

11速化は興味はあるけれど、10万前後のお金は出せない、、 というあなたに朗報です。

シマノ105が11速対応で2014年6月に販売開始されるニュースが入ってきました。

果たして新しい105は買いなのか? 3つのメリットと購入するなら考えておきたい2つの注意点をお伝えします。

【6/12 追記】
いろいろな事情が重なり、新型105の購入を決めました。
新型105のコンポ購入を決定するまでに悩んだ6ポイント」で、購入を決めるまでに悩んだことを書いています。

新型シマノ105について

2014年4月1日に発表になった新型シマノ105は型番が5800系となり、前モデルの5700系から100上昇。

シマノのコンポーネント王道の進化(バージョンアップ)ですね。

11速化のメリット

1枚リアギアが増えるメリットは「脚への負担を低減できる」ことです。

ギアチェンジした途端に重くなりケイデンスが極端に低くなりつらくなる、一つ軽いギアにすると今度はケイデンスが高くなりすぎて疲れてしまった、そんな経験はないでしょうか?

これはギアとギアの歯数差(段差)が大きくなるために起きることです。

11速化すると、「ギアとギアの段差」が少なくなるので脚への負担が少なくなります。

11速化以外の注目ポイント

クランクアームの4本化

クランクアームが5本から4本に変わったため、コンポーネントで一番重い製品である「クランク」が軽くなっています。

11速化により全体的には重くなるはずですが、クランクが軽くなったおかげで全体の重さは旧105(5700系)と変わらないとのことです。 ※重さは2014年4月3日現在未発表

手が小さな人も扱いやすいSTIレバー

新105のSTIレバー(ブラケット部分)はコンパクトになり誰でも握りやすい形になっています。

これで手が小さい方でもブレーキコントロールしやすくなりますね。

新型105(5800系)を買う前に注意すること

ホイールの11速化対応

11速化に必要なものはシマノの新105でほぼ揃いますが、後輪ホイールだけは11速対応のものに変更しておく必要があります。

これは、スプロケットの枚数が1枚増えたため高さが増し、今までのフリーボディ(スプロケットを付ける部分)では対応できなくなったためです。

私が調査した中で一番安い11速対応ホイールは1万5千円程度で購入できる「シマノRS-21」です。

参考サイト:RS-21をインプレッション最安の11速ホイール

試したことがないですが、RS-21は普段の練習などで活躍しそうです。

また、【フルクラムクアトロ】平坦速度アップならこのロードバイクホイールでご紹介したクアトロも11速対応なので、平地巡航速度を高めたい方は検討しても良いかもしれません。

アルテグラとの比較

もう一つ考えておくのは「アルテグラ」との比較です。

アルテグラはデュラエースに次ぐシマノコンポーネントですが、105コンポーネントとそれほど価格差がありません。

全てのコンポーネントを購入した時の価格差は約3万円です。

※アルテグラ(6800) 91,516円、105(5800) 60,862円 ←税抜き標準価格

見た目はほぼ同じですし変速性能などで大きな差は出ないはずですが、重量や耐久性はアルテグラの方が少し高い可能性があります。

105は完成車に最初から付いていることが多いので、差別化したいならアルテグラという選択もありですね。

シマノ105 5800系の価格

5800系の各コンポーネントラインナップと価格をまとめます。

クランクセット FC-5800
長 さ:165、170、172.5、175mm
歯 数:50-34、52-36、53-39T
価 格:14,239円(税別)

※52−36が用意されているのが嬉しいです!

カセットスプロケット CS-5800
歯数/価格:
11-28T 4,675円(税別)
11-32T 5,149円(税別)
12-25T 4,675円(税別)

※私の場合は52-36のクランクと、12-25のスプロケットを組み合わせますね。

チェーン CN-HG600-11
価 格:2,521円(税別)

※11速対応チェーンは今までのものより薄くなっています

デュアルコントロールレバー ST-5800
価 格:21,289円(税別)

※レバーの値段はちょっと高い感じがしますが、質が高まっているのでしょうがないですね。。

ブレーキキャリパー BR-5800
価 格:
フロント 4,337円(税別)
リア 3,848円(税別)

リアディレーラー RD-5800
ラインナップ:SS(ショート)、GS(ロング)
価 格:
SS 4,481円(税別)
GS 4,888円(税別)

SSはスプロケット歯数が28Tまで。GSはスプロケット歯数が32Tまでとなるので要注意。

フロントディレイラー FD-5800
価 格:3,032円(税別)

ボトムブラケット SM-BBR60
価 格:2,440円(税別)

BBは必要ない場合が多いですが、コンポーネントセットでは含まれてくるので価格を掲載。

価格はcyclowiredさんの記事を参照しています:シマノ 新型5800系105登場 リア11速コンポーネントがより身近な存在に

シマノ新型105を搭載したロードバイク

新型105搭載ロードバイク

ブリヂストンアンカーの売れ筋商品「RS8」に新型105を搭載したモデル「RS8 EPSE」が2014年6月に発売されます。

価格は税別19万8千円と20万を切ってきました。

フルカーボンのロードバイクで11速の新型105がついているため、購入してすぐにレースに出れるモデルです。

ペダル無しでの重量が8.3キロと軽量なので、ホイール交換すればヒルクライムレースでも活躍できますね。

参照元(新しいウィンドウが開きます):リア11段変速のシマノ新105コンポ搭載 「アンカーRS8 EPSE」限定モデルを6月発売

まとめ

105(5800系)は実勢価格では税込み6万円くらいで手に入りそうです。

ちょっと良いホイールを買うのと同じくらいの価格で11速化できると考えると、検討の余地がありますね。

ちなみに、新型105ならレースでも十分通用するコンポーネントです。

まだレースに出たことはないけれど興味があるならば、「ロードバイクレースに出たいときチェックすべき17ポイント」こちらも参考にしてください。

関連した記事のご紹介

シマノ105は安くて高い品質の良い製品ですが、サイクルウェアも安くて質の高いものが増えてます。

ロードバイクの服装どうしよう?と悩んだ方向け3ポイント」ではsaitoimportの安いけれど質の良いサイクルウェアを紹介しています。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top