ロードバイクハック

Read Article

初めてのロードバイクシューズ選びで大事な3つのこと

ロードバイクシューズ ロードバイクの専用シューズを初めて購入するなら、おすすめはできるだけ安いSPD-SLに対応したシューズを購入することです。

シューズのブランドは数多くありますが、履いてみて足が痛くならないなら一番安いもので良いです。

「なんでそんな乱暴な言い方をするんだ?ちゃんと自分の足に合った良いものを高くても欲しいのに」と思われるかもしれません。

初めてロードバイクシューズを買うときはSPD-SLに対応した安いシューズが何故良いか、理由をお伝えします。

ロードバイクシューズは歩くものではない

ロードバイクの専用シューズは純粋に自転車で速く楽に漕ぐために作られたものなので、シューズの底は固いプラスチックやカーボンでできています。

ロードバイクのシューズ底が硬い材質のものでつくられているのは、次の2つの理由から。

  • ・地面からの反発(衝撃)がない
  • ・力を効率的にペダルに伝えられる

歩くためのシューズは地面からの反発力が大きいので、シューズの底は柔らかいゴムなどで覆われているのとは全く逆です。

自転車は体重を脚で支えない

自転車は自分の体重を脚で支える必要がないので地面からの衝撃がなく、効率を追い求めることができます。

自分の脚で体重を支えることなく、力を効率的に伝えるためだけに硬いシューズを使うスポーツはロードバイク以外にありません。※ダイエットには自転車がオススメな理由の一つ

あなたが初めてロードバイクのシューズを買う時に高いシューズが必要ない理由の一つは「ロードバイクシューズと同じ経験をしたことがない」から。

初めて使うのに良し悪しが分かるはずがありません。

ロードバイクシューズは固定される

ロードバイクのシューズはペダルとガッチリ固定されてほとんど動きません。

あなたがスキーをしたことがあれば分かりやすいと思いますが、硬い靴を履いてスキー板のビンディング(留め具)にがっちり固定するのとほぼ一緒。

ビンディングペダルについて

ロードバイクの場合、シューズとペダルを固定するのに「ビンディングペダル」という専用のペダルを使います。

ロードバイク完成車には最初からビンディングペダルがついていることもありますね。

ビンディングペダルにはいくつかメーカーごとに規格がありますが、「SPD-SL」というのはペダル規格の一つでシマノが出しているものです。

SPD-SLのビンディングペダルで一番安いものは5000円程度。

硬いシューズをがっちりペダルと固定するだけで考えると、5万円のシューズと3万円のビンディングペダルの組合せでも、一番安い8000円のシューズと5000円のビンディングペダルの組合せでも変わりません。

ロードバイクのシューズ選びはとても大事

高いロードバイクシューズの特徴

高いロードバイクシューズはコンセプトがはっきりしています。

  • ・あなたの足型に合せてピッタリ作り、パワーロスを防ぐ
  • ・締め具合を微妙な調整で可能にし、足の負担を減らす
  • ・できるだけ軽くし、ヒルクライムレースなどでメリットを出す

例えばこのような違いがありますが、初めてロードバイクシューズを買うときにあなたが求めるものは明確になっているでしょうか?

「俺はヒルクライムレースしか出る予定はない」という方もいらっしゃるでしょう。

ですが、楽しみ方はロードバイクに乗り込むことで変わっていくことは本当に多いですよ。

高いシューズのデメリット

また高いシューズだから良いというものではなく、ロードバイク初心者がガチガチに硬いシューズを履いているとすぐに疲れてしまうこともあります。

逆に安いロードバイクシューズは底の材質が柔らかい物が多いので疲れにくいですよ。

まとめ

安いロードバイクシューズは最初はちょっと見た目がカッコ悪いかもしれませんが、シューズとペダルを固定し数千キロくらい走るまではオススメです。

固定しないではしるのと比べれば、いくら安いシューズとペダルの組合せでも相当楽に速く走れるはずです。

もし、あなたがロードバイクシューズ選びに迷っているなら、是非とも参考にしてください。

ちなみに、私は最初に一番安いビンディングペダルとシューズを選び3年以上使っていました。

その装備でレースにも少し出ていましたので、あなたが「安いから耐久性が不安だ」と思われているなら安心してください。

ロードバイクシューズに興味あるならこちらもどうぞ

ロードバイクをはじめるときに知ってたら… 初心者が忘れがちな7つのマストアイテム

ロードバイクを始めるときにあったらよかったな~と今なら思えるアイテムについて書いた記事です。

ロードバイク雑誌や本で勉強していても、体験しないとなかなか必要な物って分からないんですよね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top