ロードバイクライフがちょっとでも楽しくなる「ハック」を書いています

ロードバイクハック

おすすめ ライフハック

コーヒー好きサイクリストに朗報!挽きたてコーヒーが自動で飲めるコーヒーメーカー

更新日:

コーヒーメーカー

サイクリストとコーヒーの相性が良いのはご存知ですか?

それは、コーヒーに含まれるカフェインがロードバイクなど持久系スポーツのパフォーマンスを上げる効果があると言われているから。
サイクリストトレーニングバイブル 第16章エネルギー源 より

サイクリストトレーニングバイブルのおかげで優勝できました

ヨーロッパではサイクルカフェが大人気なことも有名ですよね。

私もコーヒーはブラックで一日3,4杯飲む愛好家ですが、最近買ったコーヒーメーカーが素晴らしかったのでご紹介します!

挽きたてのコーヒーはこんなにも美味しいのか!

購入したコーヒーメーカーはパナソニックの「NC-A56」というコーヒーメーカー。

特徴は

  • コーヒー豆を挽きからドリップ、ミルの洗浄まで全自動
  • 沸騰浄水機能でカルキを90%以上除去
  • 好みに応じて4種類の味が楽しめる

といったもの。

特にコーヒー豆を入れるだけで勝手にコーヒーがドリップされる仕組みは素晴らしい!

インスタントコーヒーのなかでは高い「ネスカフェのゴールドブレンド」を飲んでいましたが、挽きたてコーヒーの美味しさは別格!

お店のコーヒーの味にかなり近いです。

普通のコーヒーメーカーとの違い

といっても、普通のコーヒーメーカーとコーヒーミルの組み合わせで同じように美味しいコーヒーは楽しめます。

子供が生まれる前は、コーヒーミルで豆を挽きコーヒーメーカーで挽きたてコーヒーを楽しんでいた時期もありますが結構面倒。。

いつの間にかインスタントコーヒーを飲むようになってました。

ミルでコーヒー豆を挽くのが面倒だったので粉末状のコーヒーを購入したこともありましたが、粉は酸化しやすいので風味が挽きたてとは別物でした。

パナソニックのコーヒーメーカーの良さ

なんと言っても「挽きたてのコーヒーが手軽に楽しめる」ことに尽きます。

私の場合、朝ロードバイクのトレーニングをする前にコーヒーをセットし、トレーニング後すぐに飲めるようにしています。

抽出されると自動で保温されるので、熱々の美味しいコーヒーがトレーニング後に楽しめます。

もう一つの良さは「後片付けも簡単」なこと。

ミルを自動洗浄してくれるの、でひどい汚れがこびりつくようなことがなく手入れが簡単。

毎日のことなので後片付けが楽なのは大事ですね。

パナソニックのコーヒーメーカー「NC-A56」2つのデメリット

といってもマイナス面がまったくない訳ではありません。

一つ目のデメリットは「コーヒー豆を挽くときの音が爆音!」ということ。

スイッチを入れた直後の20秒~30秒くらいだけですが、コーヒーミルで豆を挽く音がかなりうるさいです。

集合住宅に住んでいる方は周りを気にするレベルかも。。

二つ目は「ドリップが終わるまで時間がかかる」こと。

ドリップする量にもよりますが、パナソニックのコーヒーメーカーはマグカップ2つ分で10分以上時間がかかります。

バタバタして忙しい朝にはちょっと辛い時間です。

半額で同じような機能をもつコーヒーメーカー

実は同じようなコンセプトのコーヒーメーカー(siroca crossline STC-401)が半額程度で販売されてます。

元々この製品を買おうと思ってましたが在庫がなく、たまたまパナソニックのコーヒーメーカー「NC-A56」を見つけ購入しました。

今となっては全く後悔してませんが、お手頃価格で挽きたてコーヒーが楽しめるのは良いですよね!

まとめ

ロードバイク乗りにとってコーヒーは大事な相棒。

そのコーヒーにちょっとこだわると、より豊かなロードバイクライフが送れるかも?

-おすすめ, ライフハック

Copyright© ロードバイクハック , 2018 All Rights Reserved.