ロードバイクライフがちょっとでも楽しくなる「ハック」を書いています

ロードバイクハック

通勤

ロードバイク通勤をはじめる前にやっておきたい5つの準備

更新日:

ロードバイクで通勤するロードバイクで通勤したいけど、服装や安全に通勤するにはどうすればいいんだ?

といった悩んでる方向けに、1年半ほど「ドロップハンドルに改造したママチャリ」で往復30キロの道のりを自転車通勤していた私が、ロードバイク通勤のコツをお伝えします。

ロードバイク通勤する前に絶対やっておくこと

それは「休みの日に通勤路をロードバイクで走ってみる」こと。

当たり前のことですが、ロードバイク通勤をするために新たにウェアや安全装備を購入したにもかかわらず、実際に通勤してみたら「こんなはずじゃなかった・・・」ということになるかも。

休みの日に会社まで往復するだけなら、いつも着ているサイクルウェアや装備で良いので気軽に試せます。

そのときに「うん、これならロードバイクで通勤できそう!」と感じるかどうかが重要です。

安全にロードバイク通勤するために

試しにロードバイクで通勤路を走ってみて「イケそう!」と感じたら、まず安全装備を準備してください。

ライト(前後に)

通勤でロードバイクを使うときは絶対必須です!

「俺の通勤路は明るいからライトなくても大丈夫だよ」なんて考えをしてるかもしれませんが、

暗くなると、車からロードバイクはほとんど見えません!

対向車に自分をアピールするために、明るいライトを準備してください。

ちなみに、私が使っているフロントライトは「LED LENSER」というもの。

このライトは自転車専用ではありませんが、非常に明るいライトで真っ暗なサイクリングロードでも安心して走れます。

ただ、ロードバイク用ではないので取り付ける部品などは準備されてないので、下記写真のベルクロでライトを留めるホルダーと一緒に使ってます。

LED LENSERの持ち手部分がギザギザ加工(すべり止め)されているので、デコボコ道で振動が大きくてもまったくずれません。

また、対向車のためにフロントライトをつけるのはもちろん、後方から迫ってくる車のために後ろにもライトをつけてください。

私が使っているテールライトはこちら。

シートポストにつけて使ってますが、シリコンゴムで伸びるのである程度どんなシートポストでも付けられるはずです。

快適にロードバイク通勤するために

ロードバイク通勤で大変なのが、服装とシューズ。

せっかくロードバイクに乗るんだから、ビンディングシューズにサイクルウェアで走りたいですよね?

そうなると着替えや靴を持参する必要がでてくるので、そこそこ収納力の高いリュックが必要になってきます。

ロードバイクに適したリュック

私のおすすめはドイター。

ロードバイク専用に考えぬかれたバックで、雨の日用にレインカバーが収納されていたりヘルメットホルダーも収納されてます。

特にお勧めなのが背中と密着しないような工夫がされているので、夏場でも背中が蒸れにくい。

これはロードバイクで通勤するときには重要な機能!

さらに、画像リンクのモデルはベストまで内蔵されているので、ちょっと寒くなったときなどベストを持ち歩かなくても済みます。

雨の日対策

ロードバイクで通勤するときに難しいのが雨の日対策。

私の場合、雨が降っていたり降水確率が50%以上の天気予報だったら自転車通勤をしない判断をしてました。

ただ、急に雨に降られることや、雨上がりだと水はねでびっしょりになることも。。

どうせ着替えるからと諦めて、びしょ濡れになる選択肢もありますが、少しでも雨を防ぐ方法をご紹介。

レインウェア

雨が降っている状態でロードバイクに乗って問題になるのは、雨で濡れて体が冷えてしまうこと。

ロードバイクで25km/hくらいで走っていると、雨で濡れた体から容赦なく体温を奪います。

真夏の暑いときならまだしも、それ以外の季節では会社や家にたどり着くのも難しいほど体力を奪われることも、、

そんなときのため、レインウェアを準備しておくと安心です。

ロードバイク用のレインウェアはサイクルウェアと同じように背中側が長くなっていて、ロードバイクのポジションでも腰が出ることがないのでオススメです。

小さくたためるので、いざってときのためにリュックに入れておくと安心ですね。

泥除け


ロードバイクやクロスバイクは泥除けがついていないので、跳ね上げる水しぶきでグショグショになりがち。

雨の日はしょうがないですが、雨上がりで雨は降ってないのにおしりや背中が汚れるのは避けたいですね。

そのために泥除けを準備しておきましょう。

梅雨時はロードバイクに泥除けを付けた方が良い3つの理由」でも紹介してますが、取り外しが簡単で軽いゼファールの泥除けはオススメです。

まとめ

今回ご紹介したアイテムに「鍵」は含めていません。

ロードバイクを路上のガードレールなどに鍵でくくりつける方がいますが危険です。

少し停車させておくならまだしも、通勤で使う場合はほぼ同じ場所に毎日のようにおいておく訳なので「狙ってください」と言ってるようなもの。。

ロードバイク通勤をするなら、ぜひとも会社に理解してもらい部屋の中で保管できる体制を作ってから始めてください!

-通勤

Copyright© ロードバイクハック , 2018 All Rights Reserved.