ロードバイクハック

Read Article

少し肌寒い日におすすめなサイクルウェア組合せ

肌寒い日のサイクルウェア

台風の季節も終わり、紅葉がはじまる寒い季節がやってきました。

ロードバイクは風を受けて走る乗り物なので、基本的に冬には弱い。

あなたも「冬場は寒いからロードバイクにほとんど乗らない」状態では?

ですが、アリとキリギリスのように、寒い冬こそ頑張りどき。

冬に頑張れば、春先は見違える自分に出会えるかも?

実は気温が低い冬場でも、サイクルウェアをうまく組み合わせればロードバイクを十分に楽しめます♪

私の体験から、気温15度くらいでおすすめなサイクルウェア組合せをご紹介!

気温15度前後でおすすめなサイクルウェアの組合せ

ちょうど東京近郊だと10月下旬の今頃。

気温15度くらいが一番サイクルウェアの組合せとして難しい温度だと感じてます。

朝はすごく寒くて震えるような気温でも、日が出てきた昼頃には20度近く気温が上昇することがある季節。

ある程度、サイクルウェアの組合せで気温調整できるような組合せが大事。

上:半袖インナー + 長袖ジャージ + 長指グローブ

オススメはメッシュ素材でいいので速乾性のインナーと長袖ジャージの組合せ。

インナーにヒートテック系の下着を着ている人がたまにいますが、ちょっと日が出ると暑いこの季節。

汗をかいたあと冷えてしまい風邪をひきます。

必ずインナーはスポーツ専用の速乾性のものを着用してください。

長袖ジャージは半袖ジャージの袖が長くなったただ薄っぺらいサイクルジャージではなく、きちんと保温性のあるものがおすすめ。

この時期のロードバイクグローブは指切りでなく指を全部覆うタイプのものが良いですね。

組み合せ例1:お金に余裕がある場合

◆長袖ジャージ 1万円くらい + インナー 4000円くらい + グローブ5000円くらい

ロードバイクのサイクルウェアは結構長持ちするので、多少高くても良い物を選ぶと数年スパンで考えると安上がりかも。。

パールイズミの気温15度くらいでおすすめな長袖ジャージとグローブ、機能的なインナーを提供しているCRAFTのアンダーシャッツの組合せ。

半袖ジャージにアームカバーの組合せだと暑さに対応しやすいですが、気温15度くらいになるとこの組合せだけでは寒い、、

多少汗をかいても機能的なインナーを着ていれば汗が冷えることがないのでオススメの組合せです。

組合せ例2:お金に余裕がないなら

◆長袖ジャージ 3000円くらい + インナー 1000円くらい + グローブ1500円くらい

とは言っても、この時期に乗るためだけに大枚は出せないですよね?

そんなときは、サイトウインポートの長袖ジャージ、グローブ、ユニクロなどのドライメッシュTシャツの組合せがオススメ!

インナーウェアはロードバイク専用でなくても大丈夫。

汗が冷えることがないメッシュ素材のTシャツなら何でもOK。

ただ、体にぴったりフィットする訳ではないので、着心地はイマイチかも。。

サイトウインポートのジャージは私も購入して使ってますが、安くともそこそこ機能性が高く、1,2シーズン使うだけなら十分なサイクルウェアブランドです。
※私自身3シーズン以上は使ったことがないので、長く使いたい方は要注意

インナー:ユニクロのドライメッシュなど

下:ビブショーツ + レッグウォーマー + ハーフシューズカバー

組み合せ例1:お金に余裕がある場合

◆ビブショーツ 14000円くらい + レッグウォーマー 5000円くらい + ハーフシューズカバー 5000円くらい

上は脱ぎ着できない組合せをチョイスしてますが、下はレッグウォーマーで調整できる組合せ。

というのも脚は常に動かし続けるので多少寒くても生足で大丈夫な場合が多く、腕よりも表面積が大きいので熱の調整効果が高いため。

ロードバイクのシューズはメッシュ素材を使っているので夏場はいいけれど20度を切る頃になるとスースーして足先が冷えがち。

先端だけでもシューズカバーで覆われているとかなり温かいですよ!

※先日シューズカバーを忘れて走ったら、足元が冷たくて指の感覚がなくなり風邪をひいてしまいました、、

組み合せ例2:お金に余裕がないなら

◆ビブショーツ 3500円くらい + レッグウォーマー 2500円くらい + ハーフシューズカバー 1700円くらい

サイトウインポートは本当に安い、、 ビブショーツでこの値段はありえないですね。

ちなみにビブショーツというのはサスペンダーのような肩紐がついたサイクルジャージ。

昭和時代のエアロビクスのような格好なのでちょっと引いてしまうかもですが、機能性が高いのでオススメ。

腰回りで締め付ける必要がないのでペダリングが非常に楽。

さらに、ロードバイクは風がお腹にあたってくるので冷えがちですが、それも防げるので。

この値段なら試してみても良いのでは?

※ただパッドはパールイズミのビブショーツなどと比較してイマイチです。厚みがありすぎる感じなので気をつけてくださいね

まとめ

秋口のサイクルウェアの組合せは難しいですよね。。

私も初心者の頃は暑すぎたり寒すぎたり、インナーに水分を発散しないものを着ていたため汗が冷え、風邪をひいたことも。

「ちょっと我慢すればいいか!」と思って変なサイクルウェアの組合せでロードバイクに乗っていると、寒さで意識が朦朧として事故を起こしてしまう危険性も。

安全なサイクリングのためには服装は本当に大事です。

ちなみに、気温がもっと下がる山間部へのロングライド時などは、今回ご紹介した組合せにウィンドブレーカーやベストを併用すればある程度対応可能。

今回の組合せはいろいろと試行錯誤した結果なので、是非参考にしてみてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは。sakurakasaneです。
    タイムリーです!今、冬服を捜してウロウロしている所です。
    なるほど、脚はカバー程度でも大丈夫なんですね。
    冬は冬用パンツはあった方が良いですか?
    ビブパンツと長袖ジャージしか持ってないので、とりあえず、ウインドブレーカーを買うつもりでいるんですが、秋冬用ジャージの方が良いでしょうか?
    お店に行っても、目的がハッキリしないのでピンと来ないんですよね。そもそも最近ちゃんと走って無いのも問題なんですけど(汗)

    • sakurakasaneさん、ありがとうございます!
      タイミングよく良かったです!
      15度くらいだとレッグウォーマーでも大丈夫です。
      微妙ですが、18度くらいだと自分の場合レッグウォーマーも暑いので脱いじゃいます。
      本当に寒くなり5度前後になると冬用パンツがあった方がいいですね。
      「ウィンドブレーク」というのがキーワードで、風のあたる前面に防風処理されているジャージです。
      風を通さないだけでこれだけ違うのか?と思うほど暖かいですよ!
      薄い長袖ジャージとウィンドブレーカーの組合せも良いですが、ウィンドブレーカーは「風の抵抗が大きい」「汗を発散しにくい」のでできれば秋冬用の長袖ジャージの方がオススメです。
      ちなみに本当に寒い氷点下前後だと、耳あて必須。
      100均のもので良いのであると断然違いますよ!

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top