ロードバイクライフがちょっとでも楽しくなる「ハック」を書いています

ロードバイクハック

ロードバイク

ロードバイク試乗会インプレ編 CANYONエアロード他

更新日:

ロードバイクインプレCANYONなど

5/6に参加したロードバイク試乗会のロードバイクインプレ編です。

前編では試乗会の特徴や試乗の目的、試乗者(私)のスペックなど書いています。

ロードバイク試乗会に参加したら予想外に良かった!(前編)

今回の記事でインプレしているのは「YONEXのカーボネックス」「CANYONのエアロード」「メリダのREACTO」の3種類。

乗る前は「平坦をちょっとだけ乗って何が分かるかな?」と思ってましたが、それぞれの特徴がよく分かりました。

ホイール性能による印象の違いは大きい可能性があるので、試乗車のスペックもできるだけ詳しく書いてます。

YONEX カーボネックス

 ロードバイク試乗会に参加したら予想外に良かった!(前編)※試乗したのは別のロードバイクです

最初に試乗したロードバイク。

YONEXはバドミントン、テニス、スノーボードなどのスポーツ用品メーカーで世界的に有名。

バドミントンは中高の部活に入ってまして、私自身6年間ヨネックスのカーボンラケットを使ってきたので思い入れの深いメーカー。

昨年から本格的にロードバイクメーカーとして参戦してきたので、今回絶対試乗しようと考えていたロードバイクの一つ。

YONEXカーボネックス(試乗車)のスペック

  • フレームセット:カーボネックス Sサイズ
  • コンポーネント:アルテグラ(機械式)
  • ホイール:アルテグラ(アルミのローハイト クリンチャー)
  • フレームセット価格:420,000円(税抜)

カーボネックスの評価

  • ゼロ加速: 非常に良い
  • ストップ: 良い
  • コーナーリング: 良い
  • 巡航: 良い
  • 巡航からの加速の良さ: いまいち
  • トップスピード: いまいち

カーボネックスのインプレッション

漕ぎ出しの軽さは驚くほど素晴らしく、羽が生えたように感じたほど。

最初の試乗ロードバイクにしたのは失敗したか?と思う程の感触。

ただ、巡航から腰を上げてダンシングしたときは「あれっ?」という重さがあり、スピードのノリが悪い。。

最高スピードへの到達速度も遅い感じで、もっさり感があった。

ゼロスタート時の感触が最高だっただけに残念。。

CANYON エアロード

CANYONエアロード

※スタッフさんに自分のペダルを装着してもらってます

今回のロードバイク試乗会で絶対に乗ると決めていたロードバイク。

CANYONはドイツのフレームメーカーで、ネット通販しか行っていない会社ですが、世界ランキング2年連続2位のホアキン・ロドリゲスが乗っているロードバイク。

トッププロチームが使うロードバイクの完成車が40万円から買えてしまうコスパの良さがCANYONの凄さ。

スペックも素晴らしく、コンポーネントにフルアルテグラ、ホイールにコスミックカーボンSLEを搭載して40万円という破格で販売されてます。
※今回試乗したのはDURA-ACEモデル

普通にロードバイク完成車として考えると安くないかもですが、購入したままの形でも実業団のトップカテゴリレースで十分戦えるスペックのロードバイク。

今回の試乗会では、本当に評判どおりの性能なのかどうか確認するのが目的。

CANYONエアロード(試乗車)のスペック

  • フレームセット:エアロード Sサイズ
  • コンポーネント:DURA-ACE(機械式)
  • ホイール:MAVIC コスミックカーボンSLE(アルミ&カーボン リム52mm クリンチャー)
  • 完成車価格:551,599円(配送費、梱包費、関税など別)

CANYONエアロードの評価

  • ゼロ加速: 非常に良い
  • ストップ: いまいち
  • コーナーリング: 良い
  • 巡航: 非常に良い
  • 巡航からの加速の良さ: 非常に良い
  • トップスピード: 良い

CANYONエアロードのインプレッション

ヨネックスのカーボネックスで走った後でしたが、エアロードは十分な性能を感じることができました。

試乗会を通じて7台のロードバイクに乗りましたが、乗っていて一番楽しかったのはCANYONのエアロード

明らかに、今乗っているウィリエールグランツーリズモとは別物でした。

完成車に付属しているホイール「コスミックカーボンSLE」の感触も非常によく、巡航スピードは楽なペダリングでも伸びる感じ。

ただ、唯一気になったのはブレーキ性能。

ちょっと強めにブレーキングすると「キィー!」と結構な爆音が炸裂し、コントロールできる幅が少ない感じでした。

これはエアロードの性能ではなく「コスミックカーボンSLE」のリムが少し特殊で、普通のアルミリムとは感覚が違っているため。

止まらないことは全くないのですが、カーボンチューブラーのようなブレーキ感覚に慣れていなかっただけかも。

自転車仲間が同様なホイールに乗っていて、レースでも全く問題はないので心配しなくてもよさそう。

サイズはSサイズが170cm~となっていましたが、173cmの自分で少し小さく感じました。

調査してみると、レース仕様のジオメトリーなので丁度良いようです。

2台目でもう試乗を止めてもいいかな、と思うほど良かったCANYONのエアロード

お金があれば今すぐにでも欲しい。。

CANYONエアロードを購入しようとする方への注意点

とても気に入ったCANYONエアロード。

ただネット通販のみのメーカー(ドイツ)なので、もし購入を検討されているなら下記に注意してください。

  • 初心者の1台目ロードバイクとしては止めておいた方がいいです
  • コンポ交換くらいは自分でできる方が対象だと思います
  • 新車で購入しても多少の傷などはあるようなので、神経質な方は避けた方が良さそうです
  • エアロードは素晴らしいロードバイクですが、完全なレーシングマシンです
  • 注文してから届くまで一ヶ月以上はかかるようなので、気長に待てる方向けです

メリダ REACTOTEAM-E

MERIDA REACTO

どこのブースも人だかりがすごく、なかなか試乗できないときにメリダがたまたま空いてたので試乗。

ランプレに提供しているものと同じモデルをお借りしました。

電動DURA-ACEにチェーンリングは楕円リングと、特殊な機材。

メリダ REACTO TEAM-E(試乗車)のスペック

  • フレームセット:REACT TEAM-E Sサイズ(50cm)
  • コンポーネント:DURA-ACE Di2(電動)
  • ホイール:FULCRUM RED WIND(アルミ&カーボン リム50mm クリンチャー)
  • チェーンリング:ROTORの楕円ギア
  • 完成車価格:925,926円(税別)

メリダ REACTO TEAM-Eの評価

  • ゼロ加速: いまいち
  • ストップ: いまいち
  • コーナーリング: 良い
  • 巡航: いまいち
  • 巡航からの加速の良さ: いまいち
  • トップスピード: いまいち

メリダ REACTO TEAM-Eのインプレッション

ある意味とても驚きました。

エアロードの直後だったせいかもしれませんが、全体的にイマイチな感触しか残らなかったバイクです。

全てにおいて悪い意味で「軽い」感じ

楕円リングを使っているせいなのか、「スカっ」と力が抜ける感覚でスピードのノリがいまいち。

ペダリングスキルやパワーの問題だと思いますが、私には合わないフレームだと感じました。

ちなみに、電動コンポのDURA-ACE DI2を初めて使いましたが「別に機械式でもいいんじゃない?」と思うもの。

スプリントなどトルクがかかったときにスムーズに変速できるのは強みだと思いますが、そこまで必要ないかな?

お金に余裕があれば選択するかもですが、105を使っている私には機械式アルテグラで十分かも。

まとめ

CANYONのエアロードは想像していたよりも良いロードバイクでした。

伊達にホアキン・ロドリゲスがグランツールで結果出してないですね。
※記事トップ画像はホアキンが乗る「チームカチューシャモデル」

普段試乗できないこともあると思いますが、CANYONのブースは試乗待ちの人で溢れかえるほど大人気

レース会場などで目にする機会が増えそうです。

私としては時期的に今シーズンは間に合わないので購入するとしても来シーズンの前くらいですが、、

他にも4台ロードバイクの試乗をしているので、別記事でご紹介します。

特に面白かったのは、日本ではほとんど知られていない(私も知りませんでした)「KEMO」というブランドのロードバイクが面白かったです。

ツールドフランスに出場しているチームに機材提供しているとのことで、乗ってみると納得。

どう面白いか、別記事で詳細を書きます!

-ロードバイク

Copyright© ロードバイクハック , 2018 All Rights Reserved.