ロードバイクライフがちょっとでも楽しくなる「ハック」を書いています

ロードバイクハック

チューブ メンテナンス

ディープリムホイールを使うときにお勧めのチューブRAIR_COMP

更新日:

パナレーサーRAIR-COMP

ディープリムホイールを初めて手に入れて困ったのは「空気がうまく入らない」ということ。

キャニオンのエアロードに付属していたマビックのコスカボSLEはリムハイトが52mmと高く、空気を入れるのがすごく大変。。

それを解決したパナレーサーの72mmバルブ長になるチューブのご紹介です。

ディープリムホイールのチューブに空気を入れるのに困ったこと

バルブエクステンダーは空気がすぐ漏れる

バルブエクステンダー

マビックのコスミックカーボンSLE(コスカボSLE)はリムハイトが52mmとディープリムホイールとしてはオーソドックスな流さのホイール。

マビックはタイヤもセットした形で販売しているため、キヤニオンのエアロードを購入した際にはマビック側でチューブとタイヤをセットした状態で空輸されてきました。

最初にセットされているチューブのバルブはリムに埋もれている状態。。

絶対に空気が入らない状態だったので軽くパニックになりました 笑

実際にはセットの中にバルブエクステンダーという空気を入れるときに使う工具も入っていたので一安心。

このバルブエクステンダーを使うと空気漏れがひどく、適性な空気圧にすることが非常に困難。

理由はポンプの空気圧針が一定の場所にとどまらないためで、3気圧以上くらいで発生する状態でした。

空気は入っているのですが、6気圧なのか7気圧なのか分からない状態。

0.3気圧くらいの違いでも乗り味に差が出てくるので空気圧管理はシビアに行っていますが、この状態はストレスがたまりまっした。

ヒラメポンプヘッドでも空気が入れられない

ヒラメポンプヘッド

バルブエクステンダーの形状が特殊なので空気が漏れているのか?と考え、巷で有名なヒラメポンプヘッドを購入。

これでポンプの空気圧が安定するかと考えてましたが、残念ながら変わらない状態。。

ここで初めて高圧になると延長バルブの根本から空気が漏れていることに気づきました。

60mmバルブ長のチューブでも長さが足りない

マビック純正以外のバルブエクステンダーも購入して試しましたが変わらない状態。

もうバルブエクステンダーを使ってもしょうがないと考え、バルブの長いチューブに交換することに。

市販で最長の60mmチューブを購入し試しましたが、残念ながらもう5mmくらいバルブの長さが足りない。。

ヒラメポンプヘッドはチューブのバルブが少し出ていればキャッチすることができますが、ほんのすこし足りませんでした。

パナレーサーのチューブRAIR COMPに出会う

他のディープリムホイール利用者はどうやってるんだ?と検索する日々。

ここではじめて、パナレーサーのRAIR COMPの存在を知りました。

どうやらバルブコアを外してセットの延長バルブを使うことで72mmのバルブ長になるとのこと。

これであれば長さは十分なはず! 速攻でアマゾンをポチッとしました 笑

72mmのバルブ長RAIR COMPのご紹介

RAIRは軽いチューブとして結構有名で私もよく使っていたチューブですが、今回紹介するRAIR COMPはバルブコアが外れすことが一番の特徴。

最初に箱から出すと下の写真のような状態です。

箱からだした状態

  • 短めのバルブがついたチューブ
  • 延長バルブ
  • バルブコア取り外し工具 兼 ヘッドキャップ

パナレーサーRairCompの初期

バルブコアを外せる

ヘッドキャップとして使う反対側でバルブコアを外すとこのような状態になります。

初めてバルブコアを外しましたがこのような仕組みだったんですね。。

今までバルブコアを外せるチューブを使った可能性がありますが、外せるとは考えもしてませんでした

パナレーサーRairCompバルブコア抜き

延長バルブを接続して72mmのバルブ長へ

で、延長バルブをチューブ側に接続します。

チューブとバルブがくっついている部分は無理に力を入れるとちぎれる可能性があるので、チューブ側のバルブ根元をもって延長バルブを回しこむとよいと思います。

バルブエクステンダー

元のバルブと延長バルブが少しだけ浮いている感じちょっと不安でしたが、この状態で8気圧ほど空気を入れても問題ありませんでした

バルブエクステンダーにバルブコア装着

コスカボSLEにチューブを装着するとこのくらいバルブが出てきます。

普通のポンプで利用するのに十分な長さ。

バルブエクステンダーを使っていたときのような空気漏れもなく、空気圧が正常に表示されてストレスフリーな空気入れが可能になりました!

コスカボSLEにチューブ装着

まとめ

空気圧管理がきちんとできないストレスがかなり大きかったので、RAIR COMPの導入は大満足!

私と同じようにバルブエクステンダーの空気漏れが原因で大変な思いをされている方にはオススメです。

※18年8月現在、チューブセットが残念ながら販売終了となっておりました
※空気圧調整機能つきバルブエクステンダー二本セットが購入可能です

 

 

-チューブ, メンテナンス

Copyright© ロードバイクハック , 2018 All Rights Reserved.