ロードバイク乗りがすね毛を剃ることに意味はあった!

すね毛処理

ロードバイクに乗るならすね毛は剃るべきなのか?

イベントに出るようになると、周りの人はほとんどツルツル、、

ロードバイク乗りが多い河川敷を走っていると、抜いていくひとはみんなすね毛処理してるようだ。。

ただ、普通に生活していてすね毛処理している中年のおっちゃんってどう見られるんだろう?

こんな悩みをもっているあなた。どうやらロードバイクで速く走りたいならすね毛処理した方が良さそうです。

ロードバイクとすね毛処理の関係

エチケット

ベテランロードバイク乗りやプロ選手、レースに出てるような速い人はみんな剃ってますが、どうやらすね毛を剃ることはエチケットのようです。

スーツを着ているときにネクタイをするようなものでしょうか?

何となく皆がしているからあまり考えずにすね毛を剃ってる感はあるかも。

怪我したときに処置しやすい

ロードバイクレースは落車がつきもの。

落車で脚を怪我したときに処置しやすいようにすね毛を剃る、とよく言われています。

幸いにも私はロードバイクのレース中の落車はなく怪我をしたことはないので分かりません。。

ただ確かに、毛が生えている場所に絆創膏を貼ってしばらくして剥がすと毛がくっついてスゴく痛いですよね?

これを避けるためにすね毛を剃る、確かに本当そうです。

マッサージしやすい

プロのロードバイクレーサーなんかはステージレースの最中、毎日マッサージをして疲れをとるらしいです。

マッサージの最中にすね毛がぼーぼー生えていたら抵抗になり、マッサージし難いとのこと。

これも確かに本当そうですが、私達にはあんまり関係ないですね。

空気抵抗が若干よくなる?

ロードバイクは風との戦い。

時速40キロくらいで平坦を走っていると、全抵抗の90%弱が空気抵抗。
※参考 巡航出力計算

この空気抵抗が少しでも減少すれば前に進むためのパワーが結構変わってきます。

前に誰かいる場合のドラフティング効果は体感したことがあると分かりますよね。

すね毛を剃ると少しだけ空気抵抗が少なくなると昔から言われてるようですが、40キロ走って数秒程度速く走れるかも?程度。

影響はほとんどないと皆が思ってました。

すね毛を剃ってみたら7%空気抵抗が減った実験結果

すね毛剃ってもそんなに速くならないんだったら普段はボーボーでもいいなー、とずぼらな私はレース前や夏前くらいしかすね毛を剃ってませんでした。

すぐ伸びちゃうし。

ところが、「どうせすね毛剃ってもそんなに空力変わんないよね?」と行った実験結果で大きな違いが!!

世界的自転車メーカー「SPECIALIZED(スペシャライズド)」のバイクを駆るトライアスロン選手のジェシー・トーマス氏は風洞の中でバイクに乗って空力性能を測定するテストを実施していたのですが、ある日のテストセッションの前にスネ毛の処理を忘れていたことに気が付きました。
大した違いもうまれないだろうと思いながらテストを進めましたが、途中でいつもどおりスネ毛を剃ってみたところ予想を上回る結果が現れたそうで、その時の様子を「まったくのジョークだと思った。
毛を剃ることであれほどの違いがうまれるとは誰も予想だにしていなかった」と語ります。
引用:GIGAZINE
ロードバイク乗りがスネ毛を剃ることで生まれていた最大のメリットとは?」

すね毛を剃るだけで実験結果に差は変わらないと思っていたトーマスさん。

ところが空気抵抗は7%も減ったとのこと!!

このときに測定された結果によると、スネ毛の処理を行うことでドラッグ(空気抵抗)を7%も軽減できることが明らかになっており、これはライダーがペダルを踏み込むパワーの15ワット分に相当します。
ひとくちに「7%」と言ってもピンと来ないものですが、40kmの距離を走り抜けるタイムを競う「タイムトライアル」という競技でいえば、1時間後にゴールする時点で理論的には
79秒もの差を生むものとなっており、ときにはコンマ1秒の差を競うこともある選手にとってはとてつもなく大きなアドバンテージを生むものとなることは明らかです。
引用:GIGAZINE「ロードバイク乗りがスネ毛を剃ることで生まれていた最大のメリットとは?」

1時間で79秒は相当の違いです!

時速40キロで走っていたとしたら、79秒でだいたい880メートル進みます

たったのすね毛有り無しで、この差は大きすぎますね。。

まとめ

いやー、びっくりしました。

こんなにすね毛の有無で違いがでるとは・・・

ただ、水泳選手なんかも全身ツルツルにしてるのがあたりまえだから、毛の抵抗は結構大きいのかもしれませんね。

ちなみに、すね毛処理するなら除毛クリームがオススメです。

その理由と注意点は「除毛クリームがすね毛処理にオススメな4つの理由と2つの注意点」にまとめたので気になる方はどうぞ!

8件のコメント

こんにちは。sakurakasaneです。
まさか毛の処理でそんなに空気抵抗が変わるとは思いませんでした。やはり速さを求めるには犠牲が必要ですね(笑)
まだ剃ってませんけど…そろそろですかね。

サクリファイス、読みました。
とても楽しかったです。レース中、思ってた以上に複雑な思惑が絡み合って勉強になりました(笑)

最後に、ガーミンコネクトですが、ハックさんに習って私もコメントを書くようにしました。
少しづつですが、早くなれるように頑張ります。

sakurakasaneさん、コメント有難うございます!
すね毛を剃る前はかなり心配ですが、一度ツルツルになると病みつきになるかも(?)
サクリファイス楽しんでいただいて良かったです!! 
ロードバイクレースの複雑さが分かりますよね。

ガーミンコネクトのコメント拝見しました。いいですね!
ちょっとしたコメントを書かせてもらいましたが、これからも気がついたことがあればコメントします!
速くなるには地味な練習の積み重ねが辛いですが、意識を高めてトレーニングすればきっと結果は出ます。
お互いがんばりましょう!

こんにちは。sakurakasaneです。
サクリファイス、そしてエデンも読みました。
私はまだツールドフランス等は見たこと無いのですが、見てみたくなりました!そして、いつかは行ってみたいですね!
ガーミンコネクト、コメントありがとうございます。
自分で自分にコメントすると言う失態をしておりますが(笑)
今はペダリングの練習に注力しています。意識した途端に痛くなる筋肉が変わりますので、意識しなくても良い位にしたいものです。

sakurakasaneさん、ありがとうございます!
エデンも読まれたのですね!!
ステージレースの意味が分かるようになると興味湧きますよね!
本当に、一生に一度は本場のレースで応援してみたいです。

ガーミンコネクトでトレーニング日誌残しておくと、後で(1年後とか)振り返ることもできるのでいいと思います!
ペダリングは強度が上がると今だにガチャガチャしちゃいます 笑
なかなか難しいと思いますが、意識してるとしてないとでは進歩のスピードが全く違うので、是非続けてください!

こんにちは初めまして
私は、今年からすね毛を剃る事を始めました。理由はいくつかありますが、知人に「なんで?」って聞かれた時に、出家して坊さんになると頭剃るだろ、自転車乗りも同じだよ!?って説明してます。(笑い)

hanaさん、初めまして!
コメントありがとうございます!!

>出家して坊さんになると頭剃るだろ、自転車乗りも同じだよ!?
分かりやすく良いフレーズですね ^^/
今度から使わせてもらいます!

追随する報告がないことからも分かるように、この実験ってザル過ぎて科学的な思考ができる人からすれば失笑ものなんですよね。
そもそもこういう実験は複数のサンプルで、再現性のある内容をもって結論を出さなくちゃいけないんですけど、試したのは一人、しかも一般化できるほど繰り返して多くのデータをとったわけじゃない。

本当に空気抵抗が7%も減るなら皆、すね毛だけじゃなくて体毛全部剃るでしょう。
競泳の選手がそうですけど、顔も腕も全部ツルツルに剃る。
タイムに直結することを彼らは経験をもって知ってるからです。
逆にシンクロの人は産毛にかかる水の抵抗をセンサーに水中での姿勢を制御したりするから、同じ水中競技の選手でも体毛は剃らない。
こういう違いが出るくらい、きちんと彼らは体感してる。

多方、ツールの優勝選手のゴールシーンの写真とか見れば分かりますけど、自転車のトップアスリートはスネは綺麗でも腕はボーボーの人多いですよね。
数字で出るほどむだ毛が空力的に不利なら、彼らがスネしか処理しないのはどう考えてもおかしい。
彼らは水泳選手ほどストイックではないのか。科学的に思考できないのか。
そうではないですよね。
彼らが行動しないのは、それが数字に出るほどの体感を伴わないからです。

塩添さん、コメントありがとうございます!
確かに一人の実験だけでは何とも言えないですよね、、
シンクロ選手の産毛のお話は初めて知りました!
センサーの役目というのは凄いです。
参考になる情報、ありがとうございました!

sakurakasane へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です